新木造軸組工法による快適で個性のある住みよい家づくりをモットーに、国産材、無垢材を使った住宅、栃木県、鹿沼市、注文住宅
木の良さを最大限に。構造強度を強化した新木造軸組工法
木造建築
従来軸組工法は、日本で一番古く歴史があり、多くの皆様に親しみのある工法の1つにあげられます。
ですが、技術面では非常に難しく、建てる職人によって差があきらかに出てしまう工法でもあります。
安中建設では、先代が建築大工だった事も有り、今までに多くの熟練工を育ててきました、この巧みの技と皆さんの気持ちが1つになって初めて満足のいく安心のできる住まいが出来るのです。
地震や台風に強い。
RCベタ基礎
鉄筋コンクリートべた基礎工法を標準採用しています。
(地盤面からの基礎の立ち上がり400㎜、スラブの厚さ150㎜。)
又、基礎パッキン工法により床下の換気を行うため、従来の基礎に換気口を取る必要がなく、基礎の強度を上げることが出来、更に土台を基礎に発生する結露から守る役目も果たします。
建物の荷重が集中する出隅部にはコーナーハンチを設け、高い耐震・耐久性を実現。又、スラブ下には防湿シートを敷き、床下を湿気から守ります。
夏は涼しく、冬暖かい。
断熱
高性能グラスウールの使用により、壁内におこる結露を減らし、外気温に影響されにくい室内環境を作り出します。 このマホウ瓶の様な効果は一年を通し、省エネルギーで快適な環境を実現できます。
外部
床下は基礎パッキン工法(*1)、壁内は外壁通気法(*2)、天井裏は軒天換気等にて全体換気を促します。
内部
シックハウス対策基準(*3)の普及に基づいた、室内の計画換気にてお施主様のニーズにあわせた全体換気をします。
*1 基礎パッキン工法とは?
コンクリートの1.5倍以上の強度を誇るパッキンを基礎と土台の間に一定間隔に敷きこむため換気ムラを防ぎ、土台腐朽の原因となるコンクリートからの水湿分を遮断。
*2 外壁通気工法とは?
壁体内部に生ずる結露や雨水の浸入を防止し、劣化を軽減します。
*3 シックハウス対策基準とは?
平成15年7月に施工された基準。高気密・高断熱住宅には換気対策は必ず必要である換気システムの義務付けと、ホルムアルデヒドなどの人体に害を成す材料の規制が施された。
Return to Top ▲Return to Top ▲